ギフトとして選ぼう!パテックフィリップの魅力とは?

  • 2017年12月28日
  • /
  • By:

大切なギフトのときに選びたい高級時計

大切なシーンでしっかりとしたものを贈りたいと考えたときによく選ばれているギフトの一つが腕時計です。特に仕事をしている男性に対してギフトを贈ろうと考えるとビジネスアイテムに着目することが多く、ネクタイやネクタイピンなどと並んでよく着目されるようになっています。その際に高級時計を選ぶと喜んでもらえること請け合いです。贈りたい相手の様子を見て、普段からつけている腕時計が安物という印象があったり、身分相応ではないと感じたりしたら高級時計を贈りましょう。それによって贈った相手が仕事でさらに成功を遂げられるようになると期待することができ、結果的にも大きな喜びにつながる可能性がある理想的なギフトだからです。

パテックフィリップを選ぶ魅力とは

高級時計にも様々なものがありますが、ギフトとして選ぶのに適しているブランドがパテックフィリップです。パテックフィリップは高級時計についてある程度の知識がある人なら誰でも知っているブランドであり、世界的な知名度で他のブランドに引けを取ることはありません。デザインも秀逸なものになっていて確かな存在感があるのが特色なので、たとえ贈った相手があまりファッションについて意識がない人であったとしても、その美しさを理解してもらえるでしょう。そして、それは贈った相手が会った人に対しても同様であり、何か違った雰囲気があることに気づいてもらいやすくなります。パテックフィリップについて知っている人ならなおさらであり、確かな効果を発揮してくれる可能性が高いブランドなのです。

パテックフィリップとはスイス製の最高級機械式時計であり、1839年に二人のポーランド人が創業しました。その魅力は高い開発力と品質、完成度の高さなどと言われています。

ワンランク上のファッションを目指すなら時計を上手に活用しよう

  • 2017年12月28日
  • /
  • By:

使い方次第で、全体の印象を変えるアイテムに!

時計と言えば、時刻を確認するための道具といった印象が強いかもしれませんが、今では、立派なファッションアイテムの一つと言えます。デザインという面だけを見ても、実に様々なものがあります。フェミニンなものから、ボーイッシュな印象のもの、カジュアルなものからフォーマルなものまで、選択の幅が広く、用途に合わせて最適なものを選ぶことが出来ます。また、手首といった定位置で、大きく場所を取るわけでもない時計ですが、存在感は強く、腕時計を一つプラスすることで、全体の印象が大きく変わるということも決して珍しくありません。なりたいイメージや見せたい印象に合わせて、時計を上手に活用することはとてもお勧めです。

ポイントアイテムとしての使い方

腕時計をファッションアイテムとして効果的に使う方法の一つと言えば、やはりポイントアイテムとして扱うことです。全体的なファッションと馴染むような時計を選ぶのも良いですが、より際立たせ、効果的に使うなら、少々、冒険をし、ポイントアイテムとして使う方法がお勧めと言えます。全体のファッションはフォーマルな印象にまとめた上で、ややスポーツタイプよりの腕時計をつけると、フォーマルの中にもリラックスした印象を残すことが出来、フォーマル特有の堅苦しさを崩すことが出来ます。また、ガーリッシュ系のファッションに、ボーイッシュなデザインのものやメンズの時計を一つ加えると、甘くなりすぎず効果的です。ファッションに合わせて、無難に時計を選ぶのも悪くありませんが、ワンランク上を目指すなら、ポイントアイテムとして利用することもお勧めと言えます。

タグ・ホイヤーといえばスイスの腕時計ブランドです。高性能かつエレガントなデザインを誇りながら、高級時計のエントリーモデルとして人気の手ごろな価格の定番シリーズも多く揃っています。

オーバーホールをしよう!機械式時計のメンテナンスには必須

  • 2017年12月28日
  • /
  • By:

機械式時計のオーバーホールとは

機械式時計は寿命が長くてずっと使えると言われていますが、それはしっかりとしたメンテナンスを行った場合のことです。使用しているうちに段々と劣化してきてしまうのは確かなので、必要に応じてオーバーホールをしてもらう必要があります。オーバーホールとは機械式時計の内部に入っているムーブメントのメンテナンスを行うことを含めた全面的な調整であり、ゼンマイや歯車などの摩耗や油切れなどの状況を確認して適宜交換などを行っていきます。長く使っていると軸のズレなども生じる場合がありますが、分解して修理するのはそれほど難しくはなく、職人に任せればまるで新品のように快適に動く状態にして返してもらうことが可能です。

オーバーホールの周期と時期

オーバーホールをして機械式時計を新品同様にする必要があるのは、使っていて支障が出てきてしまってからでも問題はありません。しかし、状況が悪化してしまう前にメンテナンスをしておいた方がより本体が長持ちしやすくなります。オーバーホールの周期として一般的なのが3年から5年程度であり、まだ新しいうちは4年から5年、古くなってきたら3年程度でオーバーホールをすると良いとされています。あまり頻繁にオーバーホールをするのも機械式時計の寿命を縮めることになるので4年を目安にして適当なタイミングを見つけて時計職人に相談するのが賢明です。ただし、時を正確に刻めなくなっているような状況でオーバーホールをするのを躊躇する必要はありません。

ウブロは、スイスの時計メーカーです。高級時計を扱っており、著名人とのコラボモデルも数多く作っています。

自分でもできる?機械式時計のメンテナンスとは?

  • 2017年12月28日
  • /
  • By:

機械式時計はメンテナンスが大切

機械式時計を長く使っていくためにはメンテナンスを定期的に実施するのが大切です。自分でもできるのかと考える人もいますが、できることとできないことがあるので気をつけましょう。基本的には内部については素人は一切手を触れない方が無難です。少しの狂いが生じるだけで時を刻めなくなってしまうからです。しかし、ベルトやケースについては自分でメンテナンスをすることができるので、日頃から手入れをする習慣を作るのが重要になります。

普段からできる手入れはしておこう

ベルトとケースは時計の外側だから、機械式時計の機能そのものには関係ないと考えてしまう人もいます。しかし、実際にはその手入れをするかどうかによって寿命が大きく変化することもあるので気をつけなければなりません。ケースによって確かに中は外気から隔たれていますが、完全に何も通さないというわけではありません。湿気が入り込んでしまうと調子が悪くなりやすく、傷や衝撃によってケースが歪むと中にも衝撃が伝わりやすくなり、塵や埃が入ってしまうリスクも高くなります。そのため、ケースは濡れてしまったときには乾いた布で拭きとるようにし、大きな傷や歪みがないかをよく点検するのが大切です。また、ベルトについては消耗品なので適宜交換することも重要になります。日常的な手入れはやはり乾拭きによって水分を落としておくことが基本です。特に革製のものは水分を保持しやすく、十分に乾燥させておかないとカビも出てしまうので注意しましょう。

グランドセイコーの腕時計は、高価なものでだいたい10万円以上、中には40万円を超えるものもあります。