知ってますか?屋上緑化がもたらす効果やメリット

  • 2018年6月29日
  • /
  • By:

じつはたくさんある、屋上緑化のメリット

最近増えている屋上緑化ですが、その効果やメリットは驚くほどたくさんあります。

まずはヒートアイランド現象の緩和です。これは郊外に比べて都心部の気温が島状に高くなる現象で、とくに東京では過去100年間で年間の平均気温が3度も上昇しています。屋上緑化はその蒸散作用により、気温の上昇を抑える効果があります。また遮断効果で建物内の熱負荷を低め、冷房量を減らす効果があります。また冬は保温効果で暖房の省エネルギーも期待できます。

建物を守る保護効果がある

屋上緑化には紫外線や酸性雨などによる劣化を軽減し、建物の耐久性を向上させる効果があります。

また屋上緑化を行うことで、建物内の温度変化が少なくなり膨張や収縮などといった熱収縮が軽減されます。それにより建物の劣化スピードを遅らせ、亀裂などのトラブルを抑えることでライフサイクルコストの低減に効果があります。

緑がもたらす癒しの効果

人は緑を見ることで精神的に安定する心理効果があります。

緑を利用した園芸療法などもあります。子どもにとっては、本物の土や緑に触れて植物や作物を育てることが情操教育にもつながります。

ストレス社会で働く社会人も、休日に緑を見たり触ったりすることで視覚的にも触覚的にも癒される効果が期待できます。

二酸化炭素(CO2)を削減して空気をきれいに

屋上緑化は、地球温暖化にいちばん悪影響があるといわれている二酸化炭素(CO2)を削減する効果があります。

植物や微生物が行う光合成により、大気中の二酸化炭素を炭水化物に代えてくれるのです。その他にも、屋上緑化の省エネ効果で二酸化炭素の排出を抑えることができます。大気汚染物質の浄化作用もあることから、屋上緑化によって空気をきれいにする効果があります。

ビル等の屋上は平地より風が強く、直射日光が当たるシビアな環境です。その為、屋上緑化には背が低く乾燥に強い、万年草などの植物が適しています。

ペットを選ぶ際に注意したいことを紹介します

  • 2018年6月27日
  • /
  • By:

小さなときはかわいいけれど育てるのも大変

ペットを飼いたいのであれば、ペットショップに行ってほしいペットを探すのが一般的です。ペットショップでひとめぼれをしたからといって、ペットを飼うのも悪いことではありませんが、後先考えずに飼っていいものではありません。今回は、どういった基準でペットを選べばいいのかについてみていきます。まず、子犬や子猫などの小さくてかわいい時期のペットについてです。確かにこの時期の子犬や子猫はかわいくて、ついつい飼ってみたくなりますが、小さいという事で健康に非常に気を使わなくてはなりません。そのため、育てる際にかかる手間はある程度成長した犬や猫に比べて多くなってしまいます。本当に責任をもって育てられるのかどうか、今一度確認してみてください。

値段は安ければいいというものでもない

ペットを飼う際に値段を見ることは欠かせないでしょう。確かに値段はそのペットの希少性や未発達だからなどといった理由で大きく変動します。しかし、それだけではありません。実はペットの値段には予防接種代が含まれていることがあります。そのため、安いからといって飼ったペットでも予防接種代を考慮すると大して安くない、むしろ高くついてしまったという事にもなりかねません。逆にほかのペットよりも少しお値段が張るペットでも、予防接種代が含まれていればかなりお得であるという事もできます。さらに、すでにペットショップ側で予防接種を行っている場合もあります。そういった面にも注意してペットを選んでいくとよりよいペットに出会えるのではないでしょうか。

人口が多く、都心へ通勤する人が住むベッドタウンとして発達してきた町がたくさんある神奈川県。数ある候補の中から選べるので、良いペットショップなら神奈川で探すのがおススメです。

ここは大丈夫?良いペットショップの見分け方を知りたい!

  • 2018年6月27日
  • /
  • By:

ペットを買いたい!と思ったら

ペットを買う!と決まったらまず訪れるのはペットショップですよね。可愛い動物たちを目の前にしたらこの子がいい!とすぐに決めてしまいたくなるかと思いますがちょっと待ってください!そのペットショップは本当に良質なペットショップですか?ペットショップにも良い悪いを見極めるコツがあります。今回は質の良いペットショップの見極め方をご紹介します、

ペットの様子はどうだろう?

買いたいと思っているペットが元気がなかったり、年齢に合っているような体型をしているかどうかというのを見ることはとても大切なことであると言えます。なぜそのようなことを注意する必要があるかというと、成長して大きくなってしまうと売れ残る可能性が上がり大きくならないように食事を制限されているペットの可能性があるからです。また最後45日未満のペットを販売することも法律では禁止されていることなので、赤ちゃんのようなペットが売られていることは決してあってはならないことです。また病気にかからないようにするワクチン接種の正式な証明書がしっかり発行されているかも重要なポイントと言えるでしょう。

動物取扱業登録証はあるか?

ペットショップを運営するには行政の許可が必要となることが法律によって定められています。そのため行政に認可されているペットショップには登録番号が発行されているのです。もしこの動物取扱業登録証が確認できないようであれば行政に認められていないペットショップの可能性があるので、そこで買うのは避けた方が良いかと思われます。
良いペットショップは店員の対応が良いだけではないので、いくつかのペットショップを比較してみてペットを買うことを決めてみてはいかがでしょうか?

人と人との出会いが大切なように、ペットとの出会いも大切です。出会いを大切にするペットショップなら東京都内にあるショップが最適です。

ペットを購入するお店の選び方・4つのポイント

  • 2018年6月27日
  • /
  • By:

きれいに片付けられている

優良なペットショップの場合は、細部まできれいに掃除が行き届いています。これは、動物に余計なストレスをかけないための配慮です。動物が個別に入れられているブースがきちんと片付けられているかどうかチェックすると、その店の信頼度がわかります。もしトイレ周りの排泄物がそのままになっているようであれば、十分な世話が行われていない可能性があるため要注意です。

店員さんの動物に関する知識が豊富

動物のことで色々な質問をした時に、すぐに的確な回答をしてくれる店員さんがいるペットショップであれば安心です。専門家の目線であれこれアドバイスしてもらえるため、初めてペットを飼う人でもスムーズに準備が進められます。事前に用意しておいた方が良いグッズやフードの選び方について教えてもらいましょう。

動物に負担をかけない展示方法が行われている

劣悪なペットショップの場合は、動物にかかるストレスに一切配慮せずに狭いスペースに複数で押し込めていたり一日中展示スペースに出していたりします。こういった所で売られている動物は身体的にも精神的にも疲れきっており、最悪の場合は病気になっていることもあります。展示を短時間にとどめていたり、展示スペースの照明を落とすなどして動物のケアに努めている店を選ぶことが大事です。

ブリーダーの情報が開示されている

売られている動物の出処がはっきりしているペットショップであれば、ブリーダーとの連携がしっかりしているという証明になるため信頼できます。あらかじめ具体的な生誕地やブリーダーの代表名が表記されていることをチェックしてから購入することをおすすめします。

健康で多種多様な種類の動物を扱ったペットショップなら神奈川県に多数あります。自分のライフスタイルに合わせ、大切な家族の一員となるとなるペットと出会うことができます。

ペットショップ選びで失敗しない!見極めポイントを解説

  • 2018年6月27日
  • /
  • By:

清潔感をチェックしよう

はじめに、店内に入った時の清潔感を確認してみましょう。きちんと管理が行き届いているペットショップですと、あまり獣臭を感じることは少ないですが、反面、臭いがきつく感じられるところもあるはず。悪臭が漂うところは衛生面で問題を抱えている可能性があり、不衛生なことでペットに不健康な個体が存在する恐れがあります。

ペットが元気に見えるかどうか

例えば犬や猫に目をやってみて、明らかに元気がなさそうに見える場合は注意した方が良いかもしれません。ずっとショーケースの中に入れられていたり、散歩をさせてもらえなかったりなどの理由で、精気が失われていることもあります。また、ストレスが溜まっていることで免疫力が落ち、病気に掛かりやすいなどのリスクも懸念されるでしょう。時間帯によっては眠っておりよく確認できないこともありますので、できれば何度か足を運び普段はどんな様子なのか確認してみることをおすすめします。

店員の知識もチェックする

気になることがあったら店員さんにどんどん質問をして確認してみるようにしましょう。その際、きちんとした店員さんなら納得のいく答えをくれるはずですが、もし曖昧な返答が目立つようなら要注意。知識なく販売しているだけの可能性があり、そのようなところで購入するのは不安を感じますよね。

なお、説明を受ける際に良いことばかりを話してくるところにも注意した方が良いかもしれません。営利主義のお店も中には存在し、飼い主とペットの幸せより売ることを重視していることもあるのです。

自分のライフスタイルに合わせて飼う動物を決めたい、そういう時のペットショップなら東京がおススメです。多種多様な動物やフレキシブルな営業時間の店が多数あり、自分にぴったりのペットと出会うことができます。

人気を集めているペット!うさぎの正しい飼い方

  • 2018年6月27日
  • /
  • By:

生後1ヶ月のうさぎは飼わない方がいい

うさぎは見ているだけで癒されるため、近年、ペットとして飼う人が急増しています。ただ意外と知られていませんが、うさぎを自宅に迎えるにあたり、生後1ヶ月のうさぎは飼わないほうが良いです。というのも、うさぎは環境の変化になかなか対応できないデリケートな動物だからです。生まれて間もないうさぎは特に知らない場所に連れて来られると、ストレスを抱えて突然死してしまう確率が非常に高いです。よって、うさぎを飼うならば、なるべく生後2ヶ月以上であるか確認しておくと良いでしょう。

うさぎの食事の与え方

うさぎを飼うに当たり、食事にも最大限に気をつける必要があります。ほとんどの飼い主は、食事の適切な量や種類を知らずに与えている事が多いです。すると、うさぎの健康状態が悪くなってしまう可能性があります。うさぎにとって理想的な食事は、体重の1.5%のペレット、体重と同じ重量以上の牧草が目安となります。それと、パンやクッキー、シロップ漬けのドライフルーツは腸内の異常発酵を引き起こします。よって、無闇に与えてはいけません。

うさぎの寝床について

うさぎは、犬や猫などのペットと違い、自宅に設置されたケージ内で飼育することが大事です。というのも、犬・猫のように室内で自由に行動させると怪我をしてしまうリスクがあるからです。たとえば、フローリングの硬い床を歩くと足底潰瘍を起こすことがあります。また、細々とした物を誤食したり、コードを噛んで感電することもあります。よって、飼い主がいないときはケージに入れて、一緒に遊びたい時はケージから出すことが飼い方の基本です。

子猫販売なら神奈川県のペットショップへ行くのがおすすめです。性別や種類も豊富に取りそろえているので、お気に入りの子猫が見つかります。

ペットはどこで購入する!?ペットショップ、ブリーダー、里親のメリットとデメリット

  • 2018年6月27日
  • /
  • By:

ペットショップで購入する

日本ではペットを飼おうと思ったらペットショップへ行く人が多いのではないでしょうか。
ペットショップは気軽に足を運びやすく、さまざまな品種の動物を見ることができます。どんな種類にするか決まっていない場合には、まずはペットショップに行ってみるのがおすすめです。一緒にペット用品を購入したり、保険の加入ができるというメリットもあります。
デメリットとしては価格が高いことや、親の情報が確認できないことなどがあります。

ブリーダーから購入する

飼いたい犬種、猫種などが決まっている場合はブリーダーから直接購入するのがおすすめです。品種を絞って飼育しているブリーダーが多いため、その品種に詳しい知識を持っていて、アドバイスをもらうこともできます。どんな親から生まれたのか見せてもらえる場合が多いので、成長するとどんな姿になるのか、どんな性格になりそうかなどの想像がしやすいのもうれしいポイント。価格はペットショップよりは安い傾向があります。
デメリットは欲しい品種のブリーダーが近くにいない場合があること。良いブリーダーを見つけるのが難しいことなどがあります。

保健所などから譲り受けて里親になる

保健所や保護団体からペットを譲り受けて里親になる方法もあります。ペットショップやブリーダーからの購入とは違い、無償で譲り受けることができます。処分されてしまうかもしれない動物の命を救えることが最大のメリットです。ただし、里親になるためにはクリアしなければいけない条件があることがあります。

子犬販売をする時には、販売者と購入者のあいだで子犬について情報交換を行うことが子犬にとっても大切なこととなります。

ペットはどう買う?入手方法の違いを比較!

  • 2018年6月27日
  • /
  • By:

ペットを探せる身近な場所

ペットを飼いたいと思った時にはどのように手に入れればいいのでしょうか。誰もが一番に思い浮かべるのはペットショップでしょう。可愛らしい子犬や子猫たちを中心に様々な動物がいますので、スタッフと直接話をしながら気になる一匹を見つけることができます。近年はペットショップでも、餌やおもちゃを始めとした雑貨類だけでなく、トリマーや獣医師といったような専門家も在中しているようなお店もありますので、購入前の相談も安心して出来ますし、購入後に関してもしっかりフォローしてくれる体勢が整っています。

ブリーダーってご存知ですか?

ペットの中でも人気がある犬を飼おうと考えているのであれば、ブリーダーを頼るという手もあります。より心身ともに健康な子を安価で手に入れられるということ、アフターケアに関してもしっかりとサポートしてくれるという点で安心感は抜群です。購入前から親身に相談に乗ってくれますし、プロから餌のやり方やしつけなどを教えてもらえるので、初めて犬を買うという方にもとてもきちんとした知識を身に着けられるので、購入後も飼い主、ペット双方共に安らいだ時間を過ごす事ができます。

たくさんお店を見て回ろう

ペットショップやブリーダーのどちらにも、メリットもあればデメリットがあります。自分たちの住居や地域も考えた上で、どんなペットと暮らしていきたいのかをよく考えて、お店にもたくさん出向いていろんな動物たちを見に出かけて下さい。スタッフやブリーダーのアドバイスも参考にしながら吟味して、家族の一員としてペットを迎えましょう。

子犬販売なら東京で交通の便がいいところがおすすめです。子犬への負担も、最小限に抑えることができます。