オーダー前に確かめたい!ローソファの利点と欠点

  • 2017年12月29日
  • /
  • By:

ローソファを使用する利点

どれくらい低ければローソファであるという実際的なルールはないようですが、ローソファの代表的なメリットについては、やはり部屋そのものが非常に広く見える点があげられます。 部屋を非常に広く見せるには、非常に低い家具によって統一することはよく見受けられることですが、ソファに関しても、家具の中においては大きいほうに入りますので、ここのところが低いのみでも部屋をすっきりとさせてくれます。 座面の非常に高いソファは存在感がありますので、僅かでも部屋を広く見せたいと願うならローソファを取り入れるのは役に立ちます。 それに加えて、子供の安全を考えたケースでも座面の非常に高いソファに比べてローソファの方が良いと考えられます。オーソドックスなソファであれば、子供にとっては相当な高さですから仮に落下した時のことを考えれば気にかかりますが、ローソファは床に非常に近いのでそうした不安は軽くなるでしょう 。

ローソファの主なデメリット

ローソファのデメリットとしまして、個人ごとに感じ方が異なると考えられますが、よく指摘されることは、起き上がるのが大変という部分です。 とりわけ、ひざ、あるいは腰のコンディションが芳しくない人からはローソファより立ち上がるのはとても大変といった評価が目につきます。 ローソファのケースでは、ソファに対して腰かけるという捉え方よりも地面に対して腰かけるイメージに近いことから、そういったものを思い描くと分かり易いかもしれません。

ローソファは、インテリアショップ以外に通販での購入も可能なため、自宅周辺に店舗が存在しない場合でも安心です。